小ネタ

カリビアンコムの会員規約16箇条をわかりやすく解説してみた

 

このページの内容

☞ カリビアンコムの会員規約について

☞ 全部で16個の規約をわかりやすく解説

☞ 内容が多めです

 

このページではカリビアンコムの会員規約について詳しく解説しています。

結論から言うと、複製や共有、再配布をしなければ問題ありません。

 

これが会員規約のページ。文章が長くて難しい言葉も多い。

 

これだけ長いと読んでも内容が入ってきません。

今回はこの規約の内容を、公式の会員規約ページを元にわかりやすく解説します。

 

 

 

 

カリビアンコムの会員規約の解説その1~5

 

規約その1 法律および地域社会の規範の遵守

 

簡単にまとめると、「法律や地域、社会のルールを守りましょう」という意味です。

 

カリビアンコムは世界各国で動画サービスを提供しています。

そして、それぞれの国のルールに従って正しく利用されることを望んでいます。

 

一部の国では、無修正動画の視聴は合法でもダウンロードは違法である場合があります。

その場合、「動画視聴はよくてもダウンロードはダメですよ」と運営は言いたいのです。

 

各国の利用者に判断を任せ、違反した場合の責任も利用者にあるという考えのようです。

 

ちなみに日本は視聴もダウンロードも合法です。

無修正動画の販売や配布はダメですが、自分が使うための所持は問題ありません。

 

 

規約その2 アダルトコンテンツ閲覧に関する同意

 

長めの文章ですが簡単にまとめるとこんな感じです

☞ 日本の法律で違法になる動画が公開されている可能性があります

☞ 公開されている動画は、あなた自身が娯楽などを目的に視聴しているとみなします

☞ 18歳以下が年齢を偽って登録した場合は、「偽証罪」に基づいて処罰を受けます

 

衝撃の文面がありました

カリビアンコムは世界の企業なので、日本で違法な動画でも海外で合法なら公開しています。

 

ただ、日本人向けのカリビアンコムのサイトには違法動画は表示されていないはずです。

日本のカリビアンコム運営が、日本人向けのページに違法な作品を載せるはずがありません。

 

しかし、カリビアンコムの英語版、中国語版などでは注意が必要だと思われます。

動画のタイトルが日本語で書いてあればまず大丈夫そうですね。

 

他に、「動画を視聴するのはあなたの意思だから自己責任です」みたいな文章もありました。

外国人向けサイトで違法動画をダウンロードした時の責任は利用者にあると言いたそうです。

 

未成年が年齢を偽って登録した場合は「偽証罪」だそうです。

未成年の方は登録してはいけないみたいです(当然)。

 

 

規約その3 会員料金

 

簡単にまとめるとこんな感じです

☞ 解約するまで登録されたクレジットカードから継続的に課金され続けます

☞ クーリングオフはできません

☞ 支払いを忘れて30日以上たった場合はアカウントが無効になります

 

カリビアンコムは一度登録すると解約するまで自動で課金され続けます。

30日会員で登録した場合は30日ごとに自動で課金されます。

 

つまり、30日会員といっても30日で課金やサービスが終わるわけではありません。

「30日ごとに更新する会員」、といった方がわかりやすいですね。

 

クーリングオフとは、簡単に言うと返品です。

「動画を見たけど想像と違ったから登録料を返してほしい」というのはできません。

 

世の中には、クーリングオフを悪用して無料でいろんなサービスを利用する人がいます。

なので、そういう人たちへの対策なのかな?と思います。

 

カリビアンコムは信頼されているサービスで会員も多いです。

また、カリビアンコムには3日間の無料お試し登録があります。

こういう理由から、個人的にクーリングオフは必要ないと思います。

 

カリビアンコムは、支払いが遅れた時も30日までは待ってもらえるそうです。

30日を超えると、貯めたポイントやクーポンなどが消えてしまいます。

 

 

規約その4  価格、コンテンツ、契約条件変更の権利

 

「月額や提供される動画、契約条件を変更することがあります」という内容です。

 

例としては、

「来月から提供サービス増加のため月額が5ドル増えます」

「引退した女優からの要求で動画の公開を停止します」

 

こういうことが考えられます。

 

ただ、変更する前に「次の支払日から月額が5ドル増えます」みたいなお知らせを出します。

この変更に不満を持ったら解約できるように、時間に余裕を持って知らせてくれるようです。

 

5G や高速回線など、便利なものに対応するときは数百円値上げすることもあるみたいです。

値上げはサービス向上と同時に行われるので、それも含めて考えた方がいいですね。

 

また、女優が出演を後悔して動画を削除することもたまにあるようです。

これまでお世話になったことを感謝しながら駆け込みダウンロード供養しましょう。

 

 

規約その5 本サイトによる強制退会およびサービスの一時停止

 

規約違反をした場合は、事前に通知せずに強制退会させることがあるという内容です。

また、アクセスできないようにすることもあるようです。

 

登録制サービスであれば、どこの規約にも載っている普通の内容です。

 

 

カリビアンコムの会員規約の解説その6~10

 

 

規約その6 ユーザーによる退会

 

退会についての内容が書いてあります。

無駄な課金を避けるために更新日よりも早く退会するようにとの一文がありました。

 

解約忘れの月額課金で儲けようとする会社が多いなか、大手の余裕が感じられます。

こんなわかりにくいところに書いても誰も気付かないと思いますけどね。

 

他にちょっと気になる内容がありました

☞ 退会の受理に時間がかかることがあります

☞ 記入漏れや解約フォームの送信エラーで正常に退会されないことがあります

 

この内容から、

「退会するときは1日くらい余裕をもって退会すること」

「退会後はちゃんと退会できたか確認すること」

が必要になりそうです。

 

 

規約その7 免責事項

 

災害やハッキングで運営が保存しているデータが全て破壊された場合、

支払ってもらった金額分のサービスを提供することができなくなります。

 

そういう場合は仕方ないので責任は取れません。といった内容です。

もちろん対策は万全にしてあるので万が一にも起こらないことです。

 

これはあらゆるサービスの規約書・契約書に書いてある内容です。

万が一の時のために保険で書いてある項目です。

 

 

規約その8 コンピューターのシステム要件

 

「利用者側の環境に問題があった場合は返金しません」という内容です。

 

古いパソコンや、遅すぎる回線では動画が見れないことがあります。

こういう時、「動画が見れないから返金しろ!」というのは通りません。

 

「コンピューターとインターネットが無いと利用できないサービスですが、

コンピューターとインターネットは自分で用意して下さい」とも読めます。

 

ごく当たり前の内容です。

これを規約に書いてないとクレーマーが裁判を起こしたときに面倒なんでしょうか。

 

 

規約その9 ユーザIDおよびパスワード

 

「サービスの利用にはユーザーIDとパスワードを使用します」

という当然のことが書かれています。

 

運営は利用者のパスワードを絶対に公開しないと宣言しており、

不正アクセスは規約違反だけでなく法律違反にもなると書かれています。

 

規約にはこういう当たり前の内容が書いてあることが多いです。

 

 

規約その10 提供情報の真実性

 

「契約時に入力する個人情報がすべて真実だと保証して下さい」という内容です。

 

クレジットカードの有効期限や請求先住所の変更があればカード情報の更新が必要です。

また、盗難、不正使用などがあったときはすぐに連絡してくださいとのことです。

 

「自分のアカウント情報は自分で責任を持って守ってください」という内容もあります。

 

誰かが勝手に自分のアカウントで動画を購入した場合は自己責任になるそうです。

つまり、返金はされません。悪用すれば無料で動画が見れるので当然ともいえます。

 

普通に管理していれば大丈夫だと思いますが、気を付けておきたいですね。

 

 

カリビアンコムの会員規約の解説その11~16

 

 

規約その11 禁止行為

 

禁止行為として、下のようなものがあげられています。

☞カリビアンコムが所有しているデータのコピー防止コードの解読

☞個人的な利用目的以外でのサービスの利用

☞カリビアンコムのサービスや第三者に迷惑をかけるような行い

☞利用者が住んでいる地域で違法とみなされる動画の視聴・ダウンロード

☞その他の不適切な行為

 

ダウンロードした動画データには、コピー防止コードというものが仕込まれています。

これがあると動画データのコピーができなくなり、再配布や共有ができなくなります。

しかしプログラミングに詳しい人なら解析して解除できるので、それを禁止しています。

 

また、友達を家に呼んで見せるのは禁止行為となります。

「自分が購入した作品は自分だけで見てください」という内容ですね。

 

海外では児〇ポ〇ノが普通に合法であることも多いです。

日本では違法な動画には注意が必要と念を押すように書いてあります。

 

他は当たり前のことなので説明を省きますね。

ハッキングとかはカリビアンコム・第三者に迷惑をかける不適切な行為の代表です。

 

 

規約その12 免責

 

例えばカリビアンコムが原因で家庭崩壊しても責任は取りませんという感じです。

アメリカではクレーマーが企業相手に裁判を起こして賠償金をもぎ取っています。

 

その対策みたいなものだと思います。

 

 

規約その13 複製の禁止

 

サービスで表示される全てのコンテンツには著作権が発生しています。

なので、複製や再配信、許可がない物のダウンロードを禁止するという内容です。

 

再配信とは、カリビアンコムの動画を勝手に他人に提供することを指します

誰かがSNSでやってそうですね。

 

 

規約その14 私的利用

 

カリビアンコムのコンテンツは、利用者のためだけに使ってくださいという内容です。

再配信など、他人の利益になるような使い方はするなということですね。

 

友人と共有することも私的利用を超えた契約違反になります。

 

 

規約その15 通知

 

利用者への通知は、メールや郵便、サイトなどから行われるという内容です。

利用者からカリビアンコムへの連絡は、メール、郵便、電話のどれでもできます。

 

また、

「入会を希望した場合は入会届の着信の有無を問わず情報提供の対象となる」

という一文がありました。

 

これはカリビアンコムに入会していなくても入会の意思があれば、

メールや郵便での情報提供サービスを受けられるということです。

 

使ってる人はあんまりいなさそうですけどね笑。

 

 

規約その16 本規約

 

「利用者はこの規約に完全に同意した上でサービスを利用している」という内容です。

まとめみたいなものですね。特に説明することはありません。

 

この規約に違反した場合はカリフォルニア州の法律に基づいて裁かれるようです。

運営会社はカリフォルニア州を拠点にしています。

 

カリフォルニア州では無修正動画の販売が合法だからこそ会社が成り立っています。

 

 

 

最後に

 

このページではカリビアンコムの規約について解説しました。

一言でまとめると、普通にやってれば大丈夫。という感じです。

 

ただ、

「友達とアカウントを共有」

「コピーロックを解除してアップロード」

「サーバーをハッキングして動画をダウンロード」

 

などをしてばれると予告なしで強制退会させられることもあります。

正しい使い方で使えるよう意識していくことが大切ですね。

 

 

最近の投稿

-小ネタ

/* 今日の日付を呼び出すショートコード */ function shortcode_today() { return date_i18n("Y年n月j日(D) G:i s"); } add_shortcode('today_date', 'shortcode_today');